※2018/9/13~予約システム変更のご案内

RESERVATION

CHECK IN

※人数は1部屋あたりの大人人数です。

HOTEL KUU KYOTO

鞍馬寺

2019 Jan.22

こんにちは!HOTEL KUU KYOTO です
今回は鞍馬寺に行ってまいりました

鞍馬寺と鞍馬山は京都で最大のパワースポットとして知られる霊山です。

鞍馬山は650万年前、金星から降臨したという「サナトクマラ」が降り立った場所とされています。
何故、鞍馬山を選んだのかは謎ですが、きっと遥か昔から、鞍馬山には霊力がみなぎっていたのかもしれません。

サナトクマラは鞍馬寺では「尊天」と呼ばれています。
そして尊天とは「千手観音菩薩」「毘沙門天王」「護法魔王尊」の三身を一体の姿として考えています。
千手観音菩薩と毘沙門天は、日本でも寺院などにお祀りされている、仏様としてお馴染みなのですが
護法魔王尊だけは、聞きなれない名前ですよね。
ここで鞍馬寺に伝わる面白い話をします。
鞍馬山は古代から山岳信仰が盛んな霊山でした。
そして「鞍馬天狗」でも有名な大天狗が棲むという伝説が残されています。
その大天狗は「僧正坊」と呼ばれていて、天狗の中でも最高位をおさめる天狗だったのです。
護法魔王尊は秘仏なので、普段見ることはできないのですが、60年に一度の丙寅の年に公開されます。
その時見た護法魔王尊像は、背中に羽、天まで届きそうな高い鼻、そして仙人のような成り立ちなのです。
そう、まさに天狗の姿そのものなのですね。
ですから鞍馬山の僧正坊こそが、護法魔王尊であったという説が有力なのだそうです。

鞍馬寺のご本尊は「尊天」と呼ばれています。
尊天は上記でも触れた通り、千手観音菩薩・毘沙門天・護法魔王尊の三身が一体になったものです。
この三身はそれぞれ、「月、太陽、地球」と「愛、光、力」を現しているのだそうです。
そしてすべての生命を活かし、存在させる宇宙のエネルギーを放っているといわれています。
まさかの宇宙規模でパワーを持っている鞍馬寺のご利益を一言で言えば
「すべての願いが叶う場所」とするのが、分かりやすいでしょう。
地球規模のパワーが噴き出している鞍馬山で、宇宙のパワーをいただくことによって
どんな困難も乗り越えて、前進する気持ちが芽生え、自分の力で望みを叶えることができるそうです。
鞍馬寺では天狗が有名ですが、よく見ると「虎の狛犬」があったり、「虎のお守り」が目に入ります。
これは三身のひとつである毘沙門天が、寅の年、寅の日に現れたといわれているからです。
力強い虎の眼力で、邪悪なものを寄せ付けない厄除けや浄化のご利益があるということで
鞍馬寺に参拝した人には人気のお守りなのだそうです。
鞍馬寺の本堂の前には、宇宙からのエネルギーが最も、発生するポイントがあります。
そこで空に手をかざしてパワーを得ることで、より大きなご利益をいただけるといわれています。

Information

アーカイブ
ワードで探す
記事一覧
PAGE TOP